情報処理技術者とは

情報処理とは

情報処理技術者としての知識や技能が一定以上の水準であることを
認定するための情報処理技術者試験というものがあります。

経済産業省が行なっているこの試験は、
情報処理に関するごく初歩的・基本的な知識や技術を問うものから、
深い知識や技術を問う応用的なものまで、12の試験が行なわれています。

情報処理、ときいてもピンとこないなどという人も多いかもしれませんが、
イメージとしては「さまざまな情報をパソコンなどの機械を使って高速に処理すること」というのが最も近いかもしれません。

このごろは、ビジネスの現場などではパソコンを使用することはごく当たり前のこととなっていますが、
このパソコンを使用して業務に利用しやすい形へと
情報をまとめていく能力が情報処理技術者に求められる能力ということになります。

 

情報処理技術者試験の区分

情報処理技術者試験で問われる情報処理の知識・技能は
12の試験区分によって認定されますが、
ITを利活用する社会人全てに問われる基礎知識を
問うもっとも初歩的なものとしては「ITパスポート試験」があげられます。

ごく初歩的な内容を問うものであるITパスポート試験の次は「基本情報技術者試験」が、
そしてそれらの内容をさらに応用させていくものが「応用情報技術者試験」ということになります。

情報処理技術者試験の中でも、ITパスポート試験や基本情報技術者試験といったものは、
IT関連の業種の人や技術職といった人たちばかりでなく、
ごく一般の業種の人や学生なども会社や学校から受験を勧められるケースも多いようです。

また、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験からさらに深い知識や技能を問うものとしては、
高度試験と呼ばれる分野の試験があげられます。

ITストラテジスト試験やシステムアーキテクト試験、
プロジェクトマネージャ試験、ネットワークスペシャリスト試験、
データベーススペシャリスト試験、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、
情報セキュリティスペシャリスト試験、ITサービスマネージャー試験、
システム監査技術者試験などが高度試験として位置づけられているものになります。